マンションで使用する鍵の取り扱い

マンションで生活していくことを検討している際には、鍵に関する意識を強く持って考えて行くことが大切です。

と言うのも、マンションの場合は、一戸建てよりも鍵を使用する箇所が多くなることがあるからです。マンション全体の鍵であるオートロックがまずそうですし、住戸の玄関ドアももちろんそうです。また、ゴミ置き場も鍵付きの扉が採用されていることがあります。このように、あちこちの扉が鍵付きで管理されていると防犯性が高くなりますから、安心して生活することができます。ただし、その防犯性の高さも、鍵の取り扱いが悪ければ低くなってしまいますから、十分注意が必要です。

マンションの鍵と言うのは、住戸もオートロックもゴミ置き場も、すべてが一つの鍵で管理できるようになっていることがあります。場所によって鍵を使い分ける必要がないため、とても便利ではありますが、これは複数の銀行口座の暗証番号をすべて同じにしているような状態とも考えられます。

ですから、もし紛失してしまった時には、すべての箇所が悪用される対象となってしまうわけで、大変危険なことであると言えますので、取り扱う際にはかなり気を付けていなければなりません。また、マンションの中でもう一つ鍵が必要になることがあります。それが機械式駐車場を採用している場合です。機械式は地下空間があり、そこに車を収納するようになっていますから、鍵を落としてしまう恐れがあります。大きなアクセサリーをつけたり、チェーンでつなぐなど、しっかりとした対策をしておきたいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *