マンション経営をする前に知っておくべきこと

資産を活かす意味で賃貸住宅経営は、安定した家賃収入が得られる効果や節税効果を得られるメリットがありますし、管理会社に運営を任せることも可能ですので労力がかからない利点があります。

マンション経営を行うときには、マンションのタイプによって需要を把握しておくことが大切です。ワンルームマンションのタイプの特徴は、回転率が高いために賃料を高めに設定することができます。

ただし、供給過剰気味になっている地域も多いですので、地域の賃貸物件の環境を把握しておいてライバルの運営状況を確認しておく必要があります。ファミリータイプのマンション経営は、持ち家タイプではなくて賃貸住宅を選ぶ傾向が高まっているということができますが、分譲マンションと競合する特徴があります。収益を上げるためには立地条件の良さや、他の物件との差別化を図れる物件の企画力が必要になってきます。

マンション経営の場合には、建設のための費用の多くの部分は金融機関からの借り入れ金に依存するものと考えられます。しっかりとした収支計画を立てておかなければ、賃料収入とローンの借り入れ金に充てる返済金額のバランスが崩れてしまうことがあります。マンション経営に参入するときには、特別な許認可を受ける必要はありません。賃貸住宅経営に関しては、借地借家法に基づいて契約を交わすことで行うことになります。マンションの建設はどこでもできるわけではなくて、都市計画法であったり、建築基準法、消防法などの法律に則って行う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *