マンション経営という不動産投資

マンション経営という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。

マンション経営とは、分譲マンションの一室を購入して賃貸物件として貸し出すことを言います。貸している相手から毎月家賃を受け取ることができるので、安定した収入に繋がります。マンション経営を始めるためには物件を購入しなければなりません。マンションの一室といっても数千万円単位の出費となりますから、現金一括払いで購入する方というのはそれ程多くはないでしょう。

実際にはマイホームを購入する時と同じように、金融機関で住宅ローンを組む方が多いのです。住宅ローンを組んだら翌月から返済が始まります。すぐに入居者を付けて家賃収入が入れば、そのまま返済に回すことができます。設定している返済額よりも家賃収入の方が多ければ貯蓄にしてもいいでしょう。

ただマンションを所有していると維持費も掛かるので、その辺りを考慮して返済額を決めることが大切です。マンション等の不動産物件を所有していれば固定資産税や都市計画税が毎年発生します。購入した当初は不動産取得税も支払わなくてはなりません。また、マンションには修繕積立金や管理費といった出費もあります。マンション経営を始める際は利回りを考えて物件を選ぶ必要があります。住宅ローンの返済が終われば収入が大きくなるので、将来的な資産価値としてもメリットがあります。若いうちにマンション経営を始めれば、リタイアする頃にはローンの返済も終わっているでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *