マンション経営はニーズや管理の把握が必要です

マンション経営として起業を行うときには、マンションのタイプを把握しておく必要があります。

マンション経営をするためには、土地の立地条件が大きな要素となります。ワンルームタイプのマンションの場合では、学生やサラリーマン、OLなどがターゲットとなり、昼間は不在者が多いと言えます。学生やサラリーマンをターゲットとしているために、生活の利便性を向上させるための施設である飲食店やコンビニ、商店街、病院、金融機関までの距離が近いことが求められている部分として重視されます。昼間に勤務先へ移動することを考えておかなければなりませんので、交通事業が良いことも大きな要素となります。交通事業や生活の利便性が低い条件の土地のときには、相場よりも賃料が安いことや、ペットと入居できるなどの他のマンションと差別化を図る必要があります。

女性専用のマンションの運営をするときには、周囲の環境が良いことや安全性の面でも配慮することが重要です。ファミリータイプのマンション経営を行うときには、主なターゲットは新婚の世帯や子どものいる世帯となります。

交通の便が良いことや、駅から徒歩で通える場所にある立地条件が最も良いと言えますが、交通の便が悪い地域であっても学校が近いことや公園があることなどの条件によって、入居者が確保できるものと考えられます。開業後の賃貸管理に関しても必要な業務となってきて、入居者管理と建物管理の業務があります。入居者管理は家賃の徴収や滞納者への催促、クレーム処理などの業務、建物管理に関しては補修個所の点検作業や修理業者への依頼などの業務を行う必要があります。これらの業務に関しては、専門的な不動産管理会社に委託することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *