賢い資産運用としてのマンション経営

マンション経営と言えば「地主さんがアパートやマンションを建設して土地の活用をする」というイメージが強いです。

つまり、日本では、アパートやマンションを建設すると土地の固定資産税の軽減措置があったり、マンションの維持管理費等を経費計上できるため、地主さんが「家賃収入の確保+節税対策」を目的としたマンション経営をすることが一般的でした。しかし、最近では給与所得者である会社員や仕事をしていない専業主婦でも「賢い資産運用としてのマンション経営」をしているケースが増えています。これは、金融機関の定期預金の金利低下・日本国債の利回りの低下等で、資産の運用手段としてのマンション経営が見直されているからです。

即ち、会社員や主婦が中古の賃貸マンションを購入しても、家賃収入からマンションの維持管理費等だけでなく入居募集等にかかる費用等を経費計上できるメリットがあるのです。そして、マンション管理や入居募集については不動産業者等に委託をすればよく、資産運用としての「家賃収入を確保できる」大きな魅力があります。

更に、家賃は、「日々金額が変動する株式投資等と違い安心感」があり、手堅い資産である不動産を取得することにもなるため、資産運用の手段としての安全性を確保できることが大きな強みなのです。しかも、家賃は毎月の収入になるため、私的年金として利用できることも大きな特徴です。このようなマンション経営の魅力・特徴を冷静に分析して、「賢い資産運用」をしている会社員や主婦が増えることは当然のことと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *