マンション経営で失敗することは珍しくはない

マンション経営は良い投資先と言われる反面、失敗することは特に珍しいことでもないので覚えておきましょう。

どうして良い投資先と言われるのかと言うと、マンション経営はすべての部屋を埋めることが出来ると利益が安定しますし、軌道にさえ乗ればしっかりと元手を回収することが出来るので他の投資先に比べるとリスクは低いと言われています。しかし、こうして夢を抱いてこの業界に参戦して失敗する人も多い事を知っておきましょう。

マンション経営で失敗する人の多くは集客に失敗します。とにかくマンション経営は空室期間が長くなるほど大きなデメリットになるので、家賃を下げてでもしっかりと部屋を埋めることを優先したいものです。家賃10万で一年間空室だと120万を取りこぼすことになります。逆に良いお客さんを見つけることが出来ると、ずっと毎月10万を取ることが出来ます。

単純にお客さんを集めるだけではなく、どのような人に部屋を貸すのか、相手を見極めることも大きなポイントです。賃料を下げると収益は減りますが、なかなか集客出来ない状態ならこれは良い戦略になります。空室で行くよりは安い利益でも上げることが出来る方が当然ながらましです。マンション経営はどうやってお客さんを捕まえるのかを考えなければなりません。まずはしっかりと賃貸について宣伝していくことが大事です。また、部屋を探している人に魅力を伝えることも必要なので、どんな魅力があるのかを考えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *