マンション投資の種類とは

マンション投資は不動産投資のひとつで、マンションを購入し誰かに貸し出すことで利益を得るというものです。

マンション投資といっても大きくわけて2通りあります。ひとつは分譲マンションなどの一室を購入し、それらを貸し出すという方法で、もうひとつが賃貸マンションをまるごと買取ってしまいオーナーとなる方法です。またマンションそのものを自らの資金で建てるという場合もあります。一室を購入する場合では、1000万円程度から投資をすることも可能ですが、家賃収入ですべてをペイするのは難しいため、将来の値上がりを期待し、転売で利益を得るのが一般的です。

一方で賃貸マンションをまるごと買い取るケースでは、その築年数がポイントになります。築年数が新しい場合には価格が高くペイできるかリスクがともないます。片や古ければ修繕しなければならないなどメンテナンス費という点で不利です。また古くなれば賃料を下げて集客しなければならないため、それだけ家賃収入が減るデメリットがあります。

またすべてを自らの資金で建てる場合には、相当な資金が必要になります。しかし、マンション投資のメリットとしては、そのものが無価値になることはなく将来的にも資産となるという点です。一方でデメリットは初期投資費用が大きく、最低でも1000万円以上は用意しなければならないという点です。特にマンションを建てる場合には億単位の資金が必要になるなど、参入するハードルの高い投資方法といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *