マンション投資で節税の嘘

マンション投資をすると節税できるという話が有りますが、税金を節約できて本当に利益になっているかと言ったら、はっきり言って利益になっていません。

ただ単に税金の支払いを先送りしているだけです。どうしてそうなるかと言えば、マンションを購入すると減価償却費と言ってマンションの購入費用を毎年所得から差し引けます。それで所得から引いた分所得が減るので所得税の支払いが減ります。それを節税と言っています。

しかし減価償却費とは実際はマンションの評価額が下がった分の損失を所得から引いているだけでして、マンションの価値は年々下がり続けますから、マンションの購入費用を全額所得から引くことが出来てもマンションの価値はゼロになりますから、トータルではプラマイゼロです。ただマンションの評価額がゼロになる前に減価償却費の払いが終わるので、終わった後はマンションの価値が下がる損失を所得から引けないで、税金を多く払うことになります。

税金の支払いを先送りした方が、マンション投資で作ったローンの払いの最初の払いが多いから、初めのうちに税金の払いを減らしておいた方が支払いが楽になるというメリットは有ります。マンション投資で節税ですが、マンションの価値が下がっていることを考えれば節税よりも損失の方が大きくて、いくら減価償却費を払って節税しても、評価損よりも少ないお金にしかならないのだから、実際は節税のメリットは無いと思えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *