マンション投資の出口戦略

マンション投資はマンションを買ってそれを人に貸して家賃収入を得る為に投資をしますが、家賃収入は永遠に入り続ける物では無いです。

マンションは建物ですから、古くなって人が住めなくなった場合はもう家賃収入を得ることが出来なくて、後は建物自体壊してしまうことになります。だからいつまでも賃貸で家賃収入を得られるとは思わずに出口戦略を考える必要が有ります。マンションは5年未満で売却すると短期譲渡所得となって譲渡益に39%もの税金がかかってきます。5年を超えて売却すると長期譲渡所得として20%の税金がかかります。

それで保有するマンションは5年以上持てば税負担が軽くなります。それで税金のかかり方ですが、マンションの買値では無く減価償却した後の簿価で税金が決まりますから、減価償却をしても税負担は軽くならないということです。それで減価償却は関係無しに売却はいい値段で売れる時に売った方がいいです。

マンション投資でずっと賃貸で保有する場合ですが、何年で投資額が回収出来るか計算をして、減価償却が終わった後はマンションの取り壊しの費用をあらかじめ積み立てておく必要が有ります。いざ取り壊しになっても費用が無いとなれば、いろいろと問題が生じてきますし、借金して調達するにも、マンション投資が終わった後では金利を経費として計上出来ません。また借りられるとは限らないので、出口戦略としてマンションの取り壊し費用は予め用意をしておくべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *