マンション投資には多くのメリットがあります

最近、不動産投資が見直されつつあります。

特に、マンション投資への関心が高まってきています。これは、マンションを購入して、自分が居住するのではなく、そのマンションを他人に賃貸することによって、家賃収入を得ていくことを意味しています。もちろん、マンションの1棟まるごとを購入する投資だけではなく、1室だけを対象にした少額投資を手がける人も少なくありません。ローンをうまく利用して1室を購入するという手法であれば、頭金も小額で済みますし、何より、大きな心理的負担を感じずに着手できます。

これで、家賃収入はじめ、いろいろな恩恵を受け取ることができますので、資産形成の方法としては優れたものを言えましょう。今、特に盛んになっているのは、自分自身と家族の将来の経済的安定を考え、安全で効率的な資産運用の手法としてのマンション投資です。メリットは多くあります。一つは、生命保険代わりになるという点です。住宅ローンを利用してマンションを購入すると、団体信用生命保険に加入することとなります。

もし、ローン返済中に万一の事態が発生したら、ローンの残金のすべて保険で返済される契約となっています。保険金でローンの残っている債務が相殺されますので、遺族としては、そのマンションの売却もできますし、あるいは、ローンなしの状態で、ずっと賃料収入を確保することもできます。また、現金マンションを相続するにあたっても、現金で相続する場合と比べて、評価が約60%圧縮されますので、このときにも可能ですので、このときも有利に働きます。このような妙味がありますので、マンション投資が隆盛を見ているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *