マンション経営の家賃下落リスクについて

マンション経営のリスクの一つとして家賃下落リスクがあります。家賃が下落すると、もちろん収入が減少してしまいますから、収支計画が狂ってくることになるでしょう。このリスクも常に意識しておく必要があります。マンション経営を始めたばかりの時には、物件は新しいですから入居率は高くなる傾向があります。

しかしながら、物件が古くなってくると、入居率は下がる傾向があります。また、満室にするためには周りの相場と合わせなければなりませんから、家賃を安くせざるを得ないときもあります。家賃というのは非常に難しいもので、自分の努力だけではどうにもならない部分があります。周辺にある同じような物件の家賃が下がってくると、自分の保有している物件の家賃も下げざるを得ないでしょう。

相場に合わせていくと言うことはそういうことです。どれだけ自分が努力したとしても、それだけで家賃を維持できるわけではありません。このあたりが非常に難しいことなのです。古くなっても家賃を維持している経営者もたくさんいますが、それは経営者自身の努力だけではなく、周辺の環境や住宅需要など、いろいろな要因が重なってうまいこといっているというのが本音でしょう。

経営努力だけでは何ともならない部分があると言うことは、マンション経営を行う上では非常に大事なことだと言えるでしょう。ですから、ぎりぎりの収支計画を立てるのではなく、余裕のある計画を立てておいた方が良いです。インターネット無料のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *