マンション経営での家賃の滞納について

マンション経営で恐ろしいことの一つが家賃の滞納です。入居者の募集には多くの労力をさかなければなりません。そしてやっと決まったにも関わらず、家賃を滞納されると、それはもう空室になっているのと同じでしょう。マンション経営を始めようと考える人なら、お金の管理も出来るでしょうが、それが出来ない人も世の中にはたくさんいるという感覚を持っておくことは大事です。

ですから、マンション経営をするときには滞納のリスクも考えておかなければなりません。家賃は滞納されることがあるものだという感覚は必要でしょう。そのためには早期発見が大事です。少し入金が遅れた時点で、すぐに督促をするべきなのです。

こうすることによって入居者の意識も高くなっていきます。もしもそれが心配なのであれば家賃保証のサービスを利用するのは良い方法です。家賃保証のサービスを利用するためには手数料をいくらか支払わなければなりませんが、もしも滞納が発生してもその分を管理会社が支払ってくれますから安心です。家賃保証を利用していたとしても、長期的な滞納となった場合にはオーナーにも何らかのしわ寄せは来るでしょう。

例えば、訴訟を起こさなければならないこともあります。訴訟になると、オーナーが自ら法廷に出向かなければならないこともありますから注意が必要です。このようなリスクを避けるためには、入居審査をきちんと行って、滞納しそうな人を入居させないのが一番良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *