マンション経営に必要な金利の知識

不動産と金利は、切っても切れない関係にあると言っても言い過ぎではありません。関係なさそうに思う人がいらっしゃるかも知れませんが、多くの人がマンション経営を行うときにローンを組むことを考えれば、関係が深いことはすぐに分かるでしょう。金利が低ければローンを組みやすくなります。ローンを組んで不動産を買おうという人が増えれば、不動産の価格が高くなる傾向があります。

低金利になると不動産価格が上昇し、高金利になると下落するのが一般的な傾向です。ローンを組めばマンション経営を始めるための資金が少なくて済みますから、自己資金が少ない人ならローンを組んでいるでしょう。しかしながら、ローンを組めば利息を支払っていかなければなりません。金利が上昇すると利息の支払金額が大きくなりますから、それが収支を圧迫することもあり得るでしょう。

マンション経営を始めたばかりの時には、ローンの返済や利息の支払いなども含めてシミュレーションを行うのが普通です。それで収支が合っていたとしても、金利が上昇すると収支が悪化します。この金利は、自分の努力で下げることは出来ないでしょう。相場で決まるのが金利ですから非常に難しいのです。

ですから、金利が上昇したときにも対応できるだけの経営体力を残しておくのは良い方法です。また、一定期間だけでも固定金利で契約をしておくのは良い方法だと考えられます。そうすることによってリスクはある程度避けられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *