マンション経営と金融政策の関係

マンション経営を始める前に、金融政策に関していり買いいておくことは大事なことです。現在、金利は非常に低く、ローンを組みやすくなっています。以前はローンの金利というと非常に高かったのですが、今はかなり低くなっています。その理由はというと、これは非常に簡単なことで、政策として金利を下げているからです。

日銀は物価を上昇させるために低金利政策を続けています。まず、このことは知っておかなければなりません。もしも物価が上昇してくるとどうなるのでしょうか。物価が上昇すると、現在の低金利政策は解除されるでしょう。

そうなると、金利は上昇します。物価の上昇がいつになるのか、あるいはいつ解除されるのかは誰にも予想できないこととしか言いようがありませんが、いずれ起こりえると考えられます。もしもこのときにローンを組んでマンション経営をしていると、どうなるのでしょうか。ローンを組んでいれば返済をしていくとともに利息を支払っていかなければなりません。

この利息の支払金額が大きくなると考えるのは自然なことです。住宅ローンのように固定金利で契約を結ぶことが出来れば良いのですが、マンション経営のためのローンは変動金利となっていることが多いですから、金利上昇の影響をもろに受けることになります。ですから、金融機関のローンを利用して物件を取得するのであれば、金融政策がどのように変化していくのかを注視していく必要はあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *