中古マンションの住宅ローンの審査に通る方法を解説

中古マンションの購入時でも、新築の場合と同様に住宅ローンを組むことになります。住宅ローンの借入期間は最長で35年ですが、中古マンションの場合は、築年数や耐久性を考慮されて、借入期間が短くなることがあることに注意が必要です。それ以外では、基本的に新築購入時の住宅ローンと変わりはありません。むしろ中古マンションの場合は借入金額が少なくなる傾向があるので、有利であると言えます。

住宅ローンの審査では、年収と返済比率、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、健康状態、不動産の担保評価額などが重要ポイントとなっています。特に最近重要視されるようになってきたのが、返済比率です。非正規社員の増加などで、国民の年収は昔と比べて低下してきておりますが、年収が低くても、派遣やアルバイトでも、無理のない住宅ローンを組むなら、融資が可能という金融機関も増えています。大事なのは、年収が高いことよりも、自分の年収に応じた余裕をもって返済できるローンを組むことです。

また、最近では、携帯料金の延滞で、知らないうちに個人信用情報に傷がついてしまっている人も増えているので注意が必要です。これはスマホの普及やゼロ円携帯の廃止が影響しています。携帯本体料金の分割払いは一種のローンなので、延滞すると個人信用情報に傷がつきます。銀行は信用情報に対して非常に厳しい見方をするので、個人信用情報に傷がついていないことはある意味絶対条件です。

住宅ローンで重要なのは、金融機関によって審査基準が異なるということです。ある金融機関で審査に落ちても、他の金融機関ではあっさり通ることがあるのはそのためです。勤務形態が正社員でなかったり、過去に1回クレジットカードなどの支払いを延滞してしまったことがあっても、金融機関によっては審査に通ることがあります。不安な人は、複数の金融機関の事前審査に申込みをしてみることがお勧めです。

IoTマンションのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *