中古マンション購入の

新築と中古で選ぶなら、マンションは絶対に新築のほうがいいに決まってる。このように考えるのがいわば自然なことのように思えます。確かに、お金がいくらでもあるなら、誰もが新築マンションを購入したいと思うはずです。しかし一方、中古マンションが新築マンションに完全に負けているかといえば、決してそうではありません。

むしろ、中古マンションならではのメリットもたくさんあって、そちらについても見過ごされるべきではありません。例えば、中古マンション購入には次のようなメリットがあります。売主が個人であることが多いので消費税がかからない、日当たりなどの条件を購入前に確認できる、周辺の立地条件などの確認ができる、理想的なデザインの物件が見つかることもある、などです。このうち、注目すべきメリットはどこでしょうか。

とにかく初期費用を抑えたいという方は、中古マンションに消費税がかからないという点に注目されるかもしれません。これはまさにその通りで、マンションに限らず不動産の場合、売主が個人の場合は非課税になるのです。消費税がかからないということは初期費用をかなり抑えられますので、トータルでもかなり安い費用を抑えてマンションが購入できることになります。また、購入前に日当たりのチェックができるのも大きなメリットではないでしょうか。

新築の場合を考えてみれば分かりますが、新築を購入するときは、購入する前に図面と不動産会社の担当者の説明を聞いて判断しなければなりません。しかし中古マンションなら、契約前に物件を見て条件を確かめることができます。このように、新築マンションにはないメリットが中古にもあることを知っておくといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *