中古マンションと耐震性

中古マンションを購入する場合、最も注意したい部分が建物の耐震性です。日本は地震大国で、大きな地震が繰り返し起きているため、建築の構造設計では耐震性がきびしく求められています。建築基準法の耐震基準は、大きな地震が起きるたびに地震被害の教訓を取り入れて改正を繰り返してきました。耐震基準は1981年(昭和56年)に大改正が行われ、そこで定められた基準は新耐震基準と呼ばれています。

それ以前の構造規定である旧耐震基準では、許容応力度法という計算方法で構造計算が行われてきました。許容応力度法は建物の重さに地震力の相当する水平震度0.2を掛けた力を横から加えたとき建物に生じる応力を算定し、柱や梁をそれに耐える強度に設計する方法です。新耐震基準でも、許容応力度法の基本的な考え方は変わっていませんが、構造要素のバランスを考慮した点で、旧耐震設計とは大きく異なります。1978年に起きた宮城県沖地震を契機に、それ以前の地震被害の教訓も参考に、偏心率、剛性率といったバランスに関することや、破壊の終局までも考慮に入れた保有水平耐力の概念が取り入れられ、耐震基準が新耐震基準として改正されることになりました。

新耐震基準で造られた建物は、その後、1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災という二つの巨大地震を経験しましたが、施工や維持に問題がない建物は、大きな被害はほとんど発生せず、新耐震基準の有効性が証明されました。中古マンションを購入する際は、購入する物件が新耐震基準で建てられているかを確認する必要あります。この基準で建てられていれば、耐震性に関しては問題がないと判断してよく、それ以前の旧耐震設計で建てられた建物は、耐震診断による構造強度の確認がなされているかを知る必要があります。中古マンションの購入では、耐震性を確認することがもっとも大切で、購入前に調査しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *