中古マンションの築年数が古いのが多い理由

中古マンションを買いたいと思っても、買いたいほどの築年数の物件が中々見つからないです。売り出しに出ているのは築浅か20年以上のマンションばかりです。値段的にお手頃でしたら、新築でもいいのですけど新築でお手頃は部屋が狭くて買いたいと思えないです。買いたいほどの築年数が見つからない理由ですが、一番の理由が手放す人が居ないからです。

新築マンションを買う時はローンを組んで買います。ローンが払えなくなってマンションを手放すことになる場合は、早い時期ですから、築浅のマンションになります。そして新しい所に引っ越したいと思うなら、すぐには新しいマンションや戸建てを買えるわけも無く、ローンを組む為の頭金を用意しなければならないです。そして今住んでいるマンションを売却出来ない間は二重にローンを払うことになります。

それで新しい住居を買うとしたら今払っているローンがかなり減ってからです。それだとタイミングが築年数がかなり進んだ状態になります。そうして中古マンションが売り出しに出るのが築年数がかなり進んだ物件になります。丁度良い年数の中古マンションをローンが払えなくなったり引っ越しの為に売り出しに出ることは有ります。

ただ供給が少なくて需要が多いから目につく前に売れてしまうのが現状です。だからそういう中古マンションを買うならば不動産屋に話をして、物件が入り次第、連絡をしてもらえるようにしておけば、売れてしまう前に買うことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *