中古マンションを買う前に

新しい住まいを探していらっしゃる方で、中古マンションを視野に入れていらっしゃる方は多いでしょう。新築と中古ではどのような違いがあるのか、また、選ぶうえで気をつけなくてはいけないことなどをしっかり理解した上で購入に臨みたいものです。新築と違い、元のオーナーからの購入になります。その方がどのように暮らしていたのか、また、誰かに貸していたのか、売却の理由などをしっかり調べておきましょう。

前のオーナーが近隣とトラブルを起こしていたなどの場合、新しいオーナーであるあなたへの風当たりが良くないでしょう。売却理由が金銭的に非常に窮地に陥っていたなどという場合、貸金業者がオーナーチェンジを知らずに取り立てに来て怖い思いをしたなど事例はあります。さて、物件自体の面でいえば、築年数が経過していますので、ある程度のリフォームが必要になることもあるでしょう。築年数が経過し、誰かが住んでいた物件は、新築では分からなかったマイナス面がはっきりとしていますので、リフォームやリノベーションをする上でも参考になるでしょう。

例えば、トイレの照明が暗い、キッチンとリビングの段差が気になる、収納スペースの使い勝手が悪いなどです。中古マンションを購入する際には、購入価格だけではなくリフォームにもある程度の金額が必要となることを考慮しておきましょう。上手く購入すれば、非常にいい買い物ができるのも中古マンションの特徴です。しっかりとした下調べをしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *